MAMP ver5で複数のローカルホストを作る方法

MAMP ver5で複数のローカルホストを作る方法
末富 将也
サイトをたくさん作ってくると、ローカルで複数のサイトを管理したくなるかと思います。
MAMPのデフォルトの設定ですと、1サイトしか表示されない・・・。
それだと作業効率も悪いので、MAMPで複数のサイトを管理できる方法を紹介させていただきます。

では、トミーいきまーす!

MAMP のインストール方法はこちらにまとめてます。

MacにMAMP ver5をインストール

2020年6月17日

バーチャルホストのたて方について

バーチャルホストとは

簡単にですが、バーチャルホスト(Virtual Host)とは1つのサーバで複数のドメインを運用する技術のことで、Webサーバ、メールサーバなどで利用されます。

MAMPをインストールすると、初期状態は
/Applications/MAMP/htdocs/
がローカルディレクトリとして設定されてます。

ローカルディレクトリは、http://localhost:8888/ でブラウザで表示を確認することができます。

WEBサイトデータは、外部ディスク変更!

ただ、この場合、MacのHDDディスクに直接データを置くことになり、容量が大きいサイトを制作したりすると、HDDを圧迫しかねないので、WEBサイトのデータは外部に置くことをおすすめします。

MacのディスクがSSDで、500GBだったりするとWEBサイトのデータだけですぐに圧迫してしまい、Mac自体の動作が遅くなる要因にもなります。

外部ディスクを準備

まず、外付けSSDかHDDを用意します。
お金に余裕があれば、SSDがいいですが、HDDでも問題ありません。

MAMPのWeb Serverを変更する

MAMPを起動します。
キーボードの「cmd + , 」設定を開きます。

①環境設定が表示されたら、ページ上部のタブ「Web Server」をクリックします。
②「Select」をクリックします。

「Select」をクリックすると、フォルダを選択する画面が表示され、WEBサイトを管理しているフォルダを選択します。
僕は、idocsというフォルダに各クライアント様のWEBサイトデータを管理しているので、idocsを選択します。

カケルデザインのサイトであれば「kakeru-d」フォルダ、すくのび日記であれば「sukunobi」といった感じです。

外付データをドロップボックスでクラウド化
コロナの影響もあり、自宅で仕事することもあります。
gitなどもありますが、僕がgitが苦手なため、ドロップボックスで会社と自宅のデータをクラウド化させました。
これにより、会社でも自宅でも最新状態にデータを保てるため、快適に作業できます。

この方法については、別途記事にまとめさせていただきます。

バーチャルホストの設定

続いてバーチャルホストの設定を行います。
設定ファイルは以下のフォルダ下にあります。

  • /Applications/MAMP/conf/apache/httpd.conf
  • /Applications/MAMP/conf/apache/extra/httpd-vhosts.conf

httpd.confの設定

httpd.confをテキストエディタ等で開き、578行目あたりに、下記のような記述があるはずです。

これを下記のとおり、変更します。(コメントアウトを外す)

引き続き、httpd-vhosts.confの設定を行います。

httpd-vhosts.confの設定

「httpd-vhosts.conf」以下にあります。
/Applications/MAMP/conf/apache/extra/httpd-vhosts.conf

ファイルを開くこと、こんな記述になってます。

このファイルの追記を行い、作成したいバーチャルホストを作成していきます。
追記する場合は、一番下の文章から、追加していきます。

取り急ぎ、追加した内容を見てみましょう。

Listen:どのローカル番号に振るかを決めます。
ServerAdmin:すいません、いまいち詳細が分かってません。取り急ぎ任意に英字で入力しておきます。
DocumentRoot:参照するWEBサイトのフォルダのPASSを記述します。

これで設定完了です。
MAMPを再起動させます。再起動しないと設定した内容が反映されません!

DocumentRootのPASSが分からない・・・
ドキュメントルートのパスが分からない方もいるかと思います。
僕もはじめは、分からず途方くれたことがありました。
以下の内容で、phpファイルを作成してください。

何でもいいですが、ファイル名をdirectoryPass.phpとして保存しましょう。

MAMPを起動し、URLに
http://localhost:8888/directoryPass.php
とアクセスしてみてください。ファイルパスが表示されるはずです。


httpd-vhosts.confの全体像

末富 将也
設定したホストにアクセスすると、WEBサイトが表示されれば成功です!お疲れ様でした。
僕の場合は、
http://llocalhost:8711/

で表示されました。

※あくまでデータベースの設定がない静的なサイトです。データベースが必要なサイトであれば、phpMyAdminでの設定が必要になります。

バーチャルホストにもう一つサイトを追加する場合

Listen 8712でカケルデザインを追加。再度MAMPを再起動。

http://llocalhost:8712/

にアクセスすると、カケルデザインのサイトが表示されます。

上記のようにローカルホストの番号を変更し、WEBサイトフォルダを設定することで、複数のWEBサイトを表示させることができるようになります。


http://llocalhost:8711/ にアクセスすると
すくのび日記が表示されます。


http://llocalhost:8712/ にアクセスすると
カケルデザインが表示されます。

まとめ

いかがだったでしょうか?
説明が下手くそで分かりにくいところもあったかもですが、少しでもお役に立てれば幸いです。

頑張って、ローカル環境を構築して、どんどんサイトを作っていきたいですね!
最後まで、ご閲覧いただき、ありがとうございました。

MAMP ver5で複数のローカルホストを作る方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA