DIY:足場材で作るテーブル(年中 使えるこたつ)

DIY:足場材で作るテーブル(年中使えるこたつ)
末富 将也
今回もWeb関連ではなく、趣味であるDIYについての記事です。

紹介するのは、足場材で作ったテーブル(こたつ)の紹介です。3、4年ほど前に制作したものになります。
DIYで参考になれば幸いです。図面は用意してますが、昔に制作したものなので制作手順はないので、ご了承ください。

では、トミーいきます!

なぜ買わずに作ったの?

昔、団地に住んでたのですが、冬になると現在使っているテーブルを片付けて、こたつを出してました。
その際、なんでわざわざテーブルを変える必要があるの?ってずっと疑問でした。正直いって面倒い・・・。

で、どうせならおしゃれで年中使えるテーブルで、冬になればこたつにもあるテーブルがあれば最高!!ってなったのです。
いろいろお店を見て回ったのですが、僕がイメージした、こたつが見つかりませんでした。
見るのは、よくあるスクウェア型のこたつばかり。(最近は、ワイド型でかっこいいこたつもでてきてますね。)

じゃ、作ろうと!
脚部分は、当時流行ってた鉄脚を使用しました。木の温かみと鉄の重厚感があるテーブルは存在感が半端ないです。
鉄脚は、嫁のお義父さんにお願いして、特注で作っていただいてます。

準備するもの

準備する材料

設計図の紹介(あくまで参考程度に)

ローテーブル(こたつ)脚の設計図

すいません、足場の設計図しか作ってなかったようです。
別途用意しますので、少しお待ちください。
上記の図面は元々使っていたこたつについていた熱源を分解して外し、その「こたつの熱源」から図面を起こしてます。

設計図はこちら

こたつの機能紹介

こたつの熱源(ナフコで購入したもの)

使っているこたつから、熱源を分解して、両サイドに角材を装着。
ホームセンターにも単体で売ってますよ。

こたつの熱源を設置

脚部に熱源をセット。

こたつのポイント
おすすめポイント
このこたつの最大のポイントです!
脚部のボルトを外すと、脚部を交換できます。長い脚部を装着するとテーブルになる仕様です。
子供が小さい時は、ローテーブル、子供たちが大きくなるとテーブルとして使用できます。

家族の成長に合わせて、末長く使用できればと考えたアイデアです(笑)

メンテナンス

塗装しなおしたローテーブル(こたつ)
末富 将也
自分で作ったテーブルだと、思いきってメンテナンスできるメリットがあります。手入れすることで愛着が深まりますしね。
(購入したテーブルだと、失敗したらどうしようと思って、手入れできない小心者です。)

子供の落書きや、色落ちなど気になったりすれば、天板をペーパーで研磨します。
表面がある程度剥げれば、再度、色塗りを行います。そうすれば、また新品のような輝きと艶を取り戻します!!
それを続けることで、天板に味というか年季という深みがプラスされ、とても愛着がもてる家具になります。DIYって最高ですよね。

最後まで、ご閲覧いただきありがとうございました。

使用した工具のまとめ(※代表商品のみ)

DIY:足場材で作るテーブル(年中使えるこたつ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA