ミックスホスト(mixhost)からwpXクラウドへサーバー移転

トミー
どーも、トミーです。
今回はワードプレスのサイトをwpXサーバーに引っ越す手順を紹介させていただきます。
具体例としては、ミックスホストさんからの移行になります。
基本的には、他のサーバーからの引っ越しもだいたい同じ手順となりますので、ご参考になれば幸いです。

大まかな作業の流れ

大まかな作業の流れは以下のとおりです。

大まなか作業フロー
【ミックスホスト側での作業】

①ミックスホストのHTML(ワードプレス)データのバックアップ
②ミックスホストのMySQLのデータベースのバックアップ

【wpX側での作業】

③wpX側にドメインを追加
④wpXに①のデータをアップロード
⑤wpXに②のデータをインポート
⑥wpX側での動作確認

ミックスホスト側での作業

まず移転元のデータを準備します。

①ワードプレスのデータをバックアップ

色々と方法はあるかと思いますが、FTPソフトを使った方法で説明させていただきます。
僕は、Macで使用しているアプリはTransmitになります。

必要なデータは「wp-content」一式があれば大丈夫です。

②MySQLのデータベースのバックアップ

ミックスホストのCPanelにログインを行います。
ページ中頃にある「phpMyAdmin」をクリック。

phpMyAdminが表示されると左にメニューがあるかと思います。
プラスをクリックすると詳細のテーブルが表示されますので「wp_◯◯◯◯」と書いてあるものを探します。

phpMyAdminの画面

「wp_◯◯◯◯」と書いてあるものがワードプレスで使用されているデータです。

phpMyAdminのデータをエクスポート

【1】データベースを選択
【2】「Check all」にクリックして選択
【3】プルダウンから、「エクスポート」を選択します。すると画面遷移します。

【1】「詳細 – 可能なオプションをすべて表示」
【2】プルダウンから「SQL」を選択

出力の詳細設定について

基本的には、下記のとおりデフォルトで状態で大丈夫なのですが、2点だけ。
◉圧縮:プルダウンから「gzip形式」を選択。
◉「生成オプション」の追加コマンド「CREATE DATABASE / USE コマンドを追加する」にチェックを入れる。

wpX側での作業

③wpXサーバーにドメイン設定

wpXサーバーにログイン。
ドメインを追加するためには、認証が必要になります。
今回は一番簡単な「メール認証」で作業をすすめます。

【メール認証の場合】

認証キーを受けるためには、事前にメールアドレスが必要になります。
どんなメールでも言い訳ではありませんのでご注意ください。

【重要】
◉admin@ドメイン名(例:admin@ikoumoto.com)
◉webmaster@ドメイン名(例:webmaster@ikoumoto.com)

移行するドメインを使用します。
@前は「admin」か「webmaster」のどちらかのアドレスで受信します。

admin、webmasterがない場合
メールを受信できるのは、上記2つのみとなります。
上記メールアドレスがない場合は、メールアドレスの作成をお願いします。

メール認証

wpx:ドメイン追加設定

左サイドのメニューから、「ドメイン追加設定」をクリック。

wpx:ドメイン追加設定2

ドメイン追加画面が表示されますので、タブの「ドメイン追加」を選択。

wpx:メール認証

ページ中頃にメール認証の項目があるので、ドメイン名と認証メールアドレスのラジオボタンのどちらかを選択し、「認証メールの送信(確定)」をクリックしてください。
ドメイン名は、http:等は不要です。ドメインがhttps://ikoumoto.comであれば、「ikoumoto」のみ入力してください。

admin@またはwebmaster@のメールをチェック

上記のようなメールが送付されるはずです。
記載されている【認証ID】をコピーしておきます。

wpX側でメール認証

wpXの管理パネルにログインします。
左サイドのメニューから、「ドメイン追加設定」→画面中央のタブ「ドメイン追加」をクリック。

メール認証を選択して、先程、受信した認証IDを入力し「ドメインの追加(確認)」をクリック。
これで、認証完了です。

トミー
認証が完了するとワードプレスのインストールが案内されると思いますので、画面の説明にしたがってワードプレスをインストールしてください。

④wpXサーバーにFTPでダウンロードしたワードプレスファイルをアップロード

続いて、wpXに移行元のワードプレスファイルをアップロードします。
その前に、wpX側でFTP接続情報を確認しておきましょう。

wpx:WordPress設定

「WordPress設定」をクリック。

FTP設定

初期設定は、OFFになってます。「設定」をクリック。

FTPアカウント設定

「設定変更」をクリック。

FTPアカウント設定2

パスワードを任意に入力。忘れないようにメモしてとっておきましょう。
利用設定をONにして、「設定変更(確認)」をクリックして、設定変更を完了させます。
FTPアカウント設定に戻りますと、「FTPアカウント名」「FTPホスト名」が分かります。
※パスワードは、表示されませんのでご注意ください。

FTPアカウント設定3

上記は、例ですがこれでFTP接続に必要な情報が揃いました。

FTPソフトの設定

FTPソフトの設定

FTPソフトで設定を行います。(上の画面はTransmit)
例)
====================================
サーバ:ikoumoto.wp-x.jp
ユーザ名:ikoumoto.com
パスワード:設定したパスワード
====================================

これでアップロードする準備が整いました。

ファイルをアップロード

wpX側のサーバーで、上記で選択しているファイルをアップロードします。
「mu-plugins」はアップロードしないようにしてください。

もし移行元の「mu-plugins」の中に何かしらのファイルが合った場合、そのファイルのみアップロードしてください。

⑤wpXサーバーに移行元のMySQLのデータをインポート

wpX管理パネルの左サイドメニューから、「WordPress設定」を選択。

「選択」をクリックして、インポーデータを選択後、「インポート実行」をクリック。
これで、wpX側に移行元のデータがインポートされます。

トミー
ここまでで、wpX側のワードプレスのデータ移行作業が完了です!
もう一息です。がんばりましょう!

動作確認

⑥新サーバーで動作確認。hostsの変更方法について

Finderでhostsに移動します。

フォルダの場所を入力欄に「/private/etc」と入力します。

hostsファイルが見つかりましたね。念の為、複製を作っておきましょう。
hostsファイルを好きなエディタで開き、以下のとおりに編集します。

【▼入力例】

移行先のIPアドレス+半角スペース+ドメイン」と記述し保存。
移行先のIPアドレスは、wpX管理パネルから分かります。

サーバー情報→サーバー基本情報で、確認できます。
早速、移行したWEBサイトにアクセスしてみましょう。問題なく表示されていれば、OKです。

トミー
事前に移行前と移行後の差が分かるようにタイトルなどに「★」マークなどをつけておくと移行先がちゃんと表示されているかすぐに分かりますよ!
【注意】
確認後は、hostsファイルに追加した記述の1行を削除して、保存してください。

⑦ネームサーバーの変更

最後の作業になります。
ドメイン取得先のサイトで、ネームサーバー1〜3を変更します。
僕の場合はXサーバーでドメイン取得したので、Xサーバーのインフォパネルより変更を行います。

Xサーバーの方は、ご参照ください。
インフォパネルにログイン後、取得しているドメインの横にある「ドメインパネル」をクリックします。

「ネームサーバー情報」の設定変更をクリックします。

「その他のサービスで利用する」を選択し、ネームサーバー1〜3を入力します。
ネームサーバー1:ns1.wpx.ne.jp
ネームサーバー2:ns2.wpx.ne.jp
ネームサーバー3:ns3.wpx.ne.jp

と入力。
「ネームサーバーの変更(確認)」をクリックし画面の指示にしたがって変更すれば完了です。
※ネームサーバが反映されるには少し時間がかかります。

すぐにwpX側で記事を書くのであれば、前に説明したhostsを修正してくださいね。


SSL化について

wpXではネームサーバーを変更しないとドメインのSSL化ができないので、ご注意ください!
ネームサーバーを変更したら、すぐにwpXの管理画面でSSL化することを忘れずに。

移転後の確認

念のため、切り替えが反映されているのか確認してみます。
SEOチェキで調べることが可能です。

SEOチェキ
トミー
ホストが切り替わっているのが、確認できました。これで問題ありません。
サーバー移行の注意点
サーバー移行の基本になります。
ネームサーバーを変更しても、しばらくは元のサーバーにあるサイトも表示されるので、移転元のドメインを削除したり、サーバーを解約してはいけません。

hostsを変更すると、ネームサーバー変更後すぐにwpX側のサイトが表示されるようになりますが、完全に切り替わっているわけではないので、ご注意ください。

まとめ

普段、あまりする作業ではないので、僕もついつい忘れてしまいます。
サーバー移転の失敗は、絶対したくないので必ずデータのバックアップをきちんと取るようにしましょう。

wpX側サーバーは、非常に優秀なサーバーですのでぜひこの機会に体感してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA