【ワードプレス】パーマリンクの301リダイレクト変更について

トミー
どうもトミーです。
みなさーん、ワードプレス使ってますか〜?
僕も3つぐらいサイトを運営してますが、どれもワードプレスはインストールしています。

ワードプレスの勉強もしてますが、すればするほど便利すぎて感動してしまいます。
さて今回は、パーマリンク変更について記事を書いていきます。

サイトを運営するとどうしてもリンクを変更する必要がでてくる場合がございます。
おそらく検索して、この記事を見ているあなたも、ワードプレスで記事のリンクを変える必要があって焦っているのではないでしょうか?

大丈夫です。解決できると思いますので最後まで、お付き合いください。

リダイレクトについて

リダイレクトとは?
リダイレクトとは、旧ページにアクセスした際に自動的に新ページを表示させる機能です。
リダイレクトには、2つの修理があります。
  • 301リダイレクト
    永続的にリダイレクトさせる機能。
  • 302リダイレクト
    サイト工事中等の一時的にリダイレクトさせる機能。

今回は『301リダイレクト』を行うのですが、Googleにインデックスされている旧ページをクリックしても、新ページを表示させることができます。

301リダイレクトのメリット

GoogleやYahooなどの検索エンジンの評価も新URLに引き継いでくれるので大きなメリットになります。

URLが変わると・・・。

今まで存在していたページでも、URLが変わってしまうとGoogleから見たそのページは新規ページ扱いとなり評価が0からのスタートになります。

続いて、ワードプレスで簡単に301リダイレクト設定する方法を記述します。

ワードプレスで301リダイレクト設定する方法

今回やりたいこと
「サイトURL / 記事URL」のパーマリンクを
「サイトURL / カテゴリー / 記事URL」としたい。

  • リダイレクト前  :https://blog.kakeru-d.jp/記事URL/
  • リダイレクト修正後:https://blog.kakeru-d.jp/wordpress/記事URL/
トミー
ブログをオープンした際に、パーマリンクの設定を間違えて
「サイトURL / 記事URL」の設定で記事を100件ほど書いてました。
で、ある時カテゴリー毎に集計したいとなった時に現状ではできず途方にくれることに・・・。

パーマリンクの設定を「サイトURL / カテゴリー / 記事URL」としておけば、カテゴリーで絞って集計できたのです。

本来であれば、.htaccessで行えればいいのですがページ数が多いと単純作業でも心が折れてしまいます。
できるだけ簡単に301リダイレクトさせるために今回は、
Permalink Redirect』というプラグインを使ったやり方をご紹介します。

『Permalink Redirect』の設定方法・使い方

『Permalink Redirect』の設定方法の流れを説明します。

STEP1
『Permalink Redirect』のダウンロード

ダウンロードサイトより『Permalink Redirect』のダウンロード。

ダウンロードページはこちら

※『Permalink Redirect』はワードプレス管理画面のプラグイン追加では、できないのでご注意ください。

STEP2
Permalink Redirectをワードプレスにアップロード

ダウンロードしたzipを解凍し、ylsy_permalink_redirect.phpをワードプレスにアップします

FTPで接続し、「plugins」配下に『ylsy_permalink_redirect.php』をアップロードします。

「plugins」の中に『ylsy_permalink_redirect.php』がアップされたことを確認します。

STEP3
ylsy_permalink_redirectを有効化

ワードプレス管理画面のプラグインよりylsy_permalink_redirectを有効化します。

STEP4
パーマリンクの設定を変更

設定→パーマリンクの設定 でパーマリンクの設定を変更します。

パーマリンクの設定を任意に行います。
僕は、「カテゴリー / 記事URL」にしたいので「/%category%/%postname%/」としています。

※この時、古いパーマリンクの構造をメモしておいてください。
次のステップで使用します。

STEP5
301リダイレクトの設定

設定→「Permalink Redirect」をクリックします。

①:古いマークリンクを記述します。
②:STEP.4で設定したパーマリンクの設定が表示されます。
※もし間違いがあれば、パーマリンクの設定から再度、変更を行いください。

まとめ

トミー
いかがだったでしょうか?
301リダイレクトはSEOにおいて、とても重要です。
せっかく時間を割いた記事の評価が0になると、つらいものがあります。

『Permalink Redirect』のプラグインを使えば、数百ページあってもへっちゃらですね。
とはいえ、URL変更等の作業を行う際は最新の注意をはらって作業をおこないください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA