【ワードプレス】特定記事の時だけ、表示を分ける分岐表示の書き方

ワードプレス|特定記事の時だけ、表示を分ける分岐表示の書き方
トミー
どーも、トミーです。

ワードプレスで制作して際、各カテゴリーページ毎に表示を変えたいと思うことないですか?
Aページには、メインビジュアルにA画像、BページにはB画像やテキストといった感じです。

凝ったページを作ろうとすると、分岐は必須になります。
今回は、そんな状況のときに対応する方法、条件分岐についてまとめました。

カテゴリーの一覧ページで、よく使うカテゴリーの分岐条件(is_category)の書き方

記事一覧を表示させるためにワードプレスループをさせている箇所や、アーカイブページでは条件分岐のためにis_categoryをよく使います。

では、よく使う書き方の例を記載させていただきます。

カテゴリーIDで、任意のカテゴリーを指定し条件分岐させる方法

 

カテゴリースラッグで認定のカテゴリーを指定して条件分岐させる方法

補足情報
分岐にif文が使用されています。
ということは否定の書き方も可能です。

カテゴリースラッグで指定したカテゴリー以外の条件でさせる方法

複数のカテゴリーを指定して、条件分岐させる方法
(カテゴリーID、スラッグで指定)

トミー
複数を指定できるなんて、知りませんでした!

上記では、ワードプレスの記事一覧の書き方を紹介しました。
主なタグは、is_categoryを使用しております。

では個別記事のページ(single.php)で、in_categoryを使用した分岐条件の書き方を紹介します。

個別記事のページで、よく使うカテゴリーの分岐条件(in_category)の書き方

指定箇所がカテゴリーの記事一覧だった場合に条件分岐させる方法

基本の書き方
ワードプレスの記事では、どのカテゴリーに属さないということはまずないかと思われます。
基本的な書き方は、上記のとおりです。

カテゴリーIDで指定した条件分岐させる方法

カテゴリースラッグで指定して条件分岐させる方法

否定形「特定のカテゴリー以外」に属する記事という条件で条件分岐のさせる方法

複数のカテゴリーIDやスラッグで指定して条件分岐させる方法

 

まとめ

かごゴリーごとに分岐

今回は、記事一覧、個別ページでの分岐条件の書き方を紹介させていただきました。
is_category()とin_category()と記述方法が似ていますので使い所に注意しましょう。

補足情報
is_category()について
アーカイブ表示(カテゴリーページ)での条件分岐でよく使う記述方法です。

category()について
個別記事ページ表示のテンプレートでよく使う記述方法です。

大雑把に言えば、上記のようなイメージで覚えておくといいかと思います。
タグを使い分けて、見やすくてカッコイ、可愛いページを作るのに活かしてもらえれば幸いです。

ワードプレス|特定記事の時だけ、表示を分ける分岐表示の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA